ら行|ひらがなの美文字

ら行|ひらがなの美文字

ら行『らりるれろ』の美文字の書き方を紹介します。ひらがなの美文字化で文章は一段と美しくなります。

 

【ら】の書き方|ひらがなの美文字 【り】の書き方|ひらがなの美文字 【る】の書き方|ひらがなの美文字 【れ】の書き方|ひらがなの美文字 【ろ】の書き方|ひらがなの美文字

 

 

『ら』

【ら】の書き方|ひらがなの美文字

もとの漢字【良】

1画目は中心付近に短く反らせ、二画目に向かい軽くはねる。2画目は中心線よりやや右側から真下へ、折り返しは気持ち上側に向かわせるのがポイント

 

『り』

【り】の書き方|ひらがなの美文字

もとの漢字【利】

全体的に長方形に収まるように。1画目と2画目は向かい合うように。2画目は緩やかに下方へ向かい、左側に払いますが、左側に行き過ぎ無いように

 

『る』

【る】の書き方|ひらがなの美文字

もとの漢字【留】

文字のイメージはコンパクト。書き出しは中心線よりやや左から横に短く、浅く左下へ折り返すが行き過ぎ無いように。結びは小さくするのがポイント

 

『れ』

【れ】の書き方|ひらがなの美文字

もとの漢字【礼】

1画目は中心より左側をまっすぐのびのびと。2画目の書き出しから2つ目の折り返しまでコンパクトに、左側の部位は離し気味にするのがポイント

 

『ろ』

【ろ】の書き方|ひらがなの美文字

もとの漢字【呂】

書きはじめから2度目の折り返しまでは『る』と同じ要領。右上に向かってからは大きく孤を描き、丸め込まず左下へ払うのがポイント

通信講座比較してみました

美文字はセンスではなく、幼少期からの訓練でもなく、努力の賜物でもありません。大人でも書き方を知れば美文字になります。最も効率的なのは人に教えてもらう事。通信講座なら自分のペースで気楽に学べます。

page top