は行|ひらがなの美文字

は行『はひふへほ』の美文字の書き方を紹介します。ひらがなの美文字化で文章は一段と美しくなります。

 

は行|ひらがなの美文字

 

『は』

は|ひらがなの美文字

もとの漢字【波】
1画目は左に反らせるように長め。2画目は中心付近から短め。3画目は真下に向かわせ、結びは小さく。1画目よりも結びが上側になるのがポイント

 

『ひ』

ひ|ひらがなの美文字

もとの漢字【比】
書きはじめは短く、戻るように下に折りかえす。下部の折り返しは中心よりも左側で、一度止めてから右上へ向かう。中央に大きなスペースを空けるのがポイント

 

『ふ』

ふ|ひらがなの美文字

もとの漢字【不】
全体的に三角形に収まるように。1画目は中心付近で反らせるように。2画目は1画目からの流れを汲み柔らかいカーブを描く。常に中心を意識するのがポイント

 

『へ』

へ|ひらがなの美文字

もとの漢字【部】
書きはじめから反りあげるようにし、中心よりも左側で止め、右下へ向かう。書き終りが、書きはじめよりも下側で終わる。

 

『ほ』

ほ|ひらがなの美文字

もとの漢字【保】
書きはじめから反りあげるようにし、中心よりも左側で止め、右下へ向かう。書き終りが、書きはじめよりも下側で終わる。

トップへ戻る