美文字を書く基本ルールとコツ〜中級編〜記事一覧

漢字を美文字に書く基本は『バランス』や『大きさ』ですが、ここではワンランク上の要素『主画』について解説します。『主画』は美文字を更にきれいに見せる為のテクニックなので、中級者以上のテクニックとお考えください。『主画』とは、主役になる画の事です。漢字を書く際に1画主役を決めてしまうと言う事です。この主役の画を極端に書く事で、美文字はより一層きれいに見えるようになります。バランスの取れた文字が書けたら...

漢字を美しく書くための要素『払いの重複は避ける』という原則をご紹介します。これは美文字にとってワンランク上のテクニックと言えます。絶対ではないのですが、知っておいて損はないので実践してみてください。「『払いの重複は避ける』という原則」と書きましたが、これは書道の世界で言われていることです。原則なので、書道の世界では実践した方が良いでしょう。一般的にも大人の美文字を目指すなら実践してみましょう。『払...

月の1画目は払うのか?止めるのか?漢字の中に『月』がある場合の書き方です。このようなパーツごとの書き方を知っていると字形は整い美文字になります。また、字形の許容につていも解説します。『月』は単独の場合、1画目は左払いとなります。行書などでは止めても問題ありませんが、楷書で書く場合は原則左払いとなります。それでは、パーツの1つとして『月』が入った場合はどうでしょうか?月は漢字のパーツになった場合、月...

漢字の中に『木』がある場合の書き方を解説します。書道の世界では普通に使われていますが、美文字としてはワンランク上のテクニックとしてご覧ください。まず、『木』の文字を単独で見た場合、小学校では跳ねないように教わりますが、2画目の縦画は跳ねても跳ねなくてもよいです。どちらも間違いではないので、ご自身で好きな方を書きましょう。次に、漢字の中に『木』がパーツの1つとして入っている書き方をご紹介します。この...

トップへ戻る