な行|ひらがなの美文字

な行|ひらがなの美文字

な行『なにぬねの』の美文字の書き方を紹介します。ひらがなの美文字化で文章は一段と美しくなります。

 

な行|ひらがなの美文字

 

『な』

【な】の書き方|ひらがなの美文字

もとの漢字【奈】

1画目は左端から右上がりに短く、2画目は斜め下に長すぎず。3画目は空間を開けるのがポイント。4画目の結びは大きくなりすぎない。

 

『に』

【に】の書き方|ひらがなの美文字

もとの漢字【仁】

1画目は緩やかなカーブを描く。2画目3画目の書きはじめは中心付近。書き終りは3画目の方が右に長め。1画目と3画目の高さに注意。

 

『ぬ』

【ぬ】の書き方|ひらがなの美文字

もとの漢字【奴】

1画目の書きはじめよりも2画目の書きはじめが上側に。全体的に下側はそろえる。2画目書き終りの結びを小さ目にするのがポイント。

 

『ね』

【ね】の書き方|ひらがなの美文字

もとの漢字【祢】

1画目は中心よりも右側からに真っ直ぐ下に。2画目の書きはじめ左側は短く収まるように。書き終りは結びを小さくし。1画目よりも上側に。

 

『の』

【の】の書き方|ひらがなの美文字

もとの漢字【乃】

全体的に円形に丸く収める。左右のスペースがほぼ均等になるようにするのがポイント。下からほぼ真上に折り返し、一度抜く感じで右上に向かう。

page top