か行|ひらがなの美文字

か行|ひらがなの美文字

か行『かきくけこ』の美文字の書き方を紹介します。ひらがなの美文字化で文章は一段と美しくなります。か行はバランスのとり方が難しい文字が多いですが、パーツごとの配置のポイントを知る事で綺麗な文字になります。

 

【か】の書き方|ひらがなの美文字 【き】の書き方|ひらがなの美文字 【く】の書き方|ひらがなの美文字 【け】の書き方|ひらがなの美文字 【こ】の書き方|ひらがなの美文字

 

『か』

【か】の書き方|ひらがなの美文字

もとの漢字【加】

1・2画目と3画目を中心から左右に配置。2画目は長くしない。3画目は離れた位置に引き、空間を大きくとるのがポイント。

 

『き』

【き】の書き方|ひらがなの美文字

もとの漢字【幾】

全体が縦長に入るように。1・2画目は短く右上がり、3画目は1・2画目を二等分するように右下へ。4画目は中心付近。

 

『く』

【こ】の書き方|ひらがなの美文字

もとの漢字【久】

書きはじめは中心から、書き終りは中心より右側。折れの角度は90度強に開くのがポイント。

 

『け』

【け】の書き方|ひらがなの美文字

もとの漢字【計】

1画目は軽くふくらみを持たせる。2画目は中心付近から短く。3画目は1画目より上側から書きはじめ、1画目の下側で書き終り。

 

『こ』

【こ】の書き方|ひらがなの美文字

もとの漢字【己】

1・2画目を向い合せるように。長さはほぼ同じ程度。1・2画目それぞれの角度がポイント。

page top