カタカナ|美文字の書き方

カタカナを美文字にする書き方は、漢字と近いと言えます。漢字と同様に、「とめ・はね・はらい」で文字が締ります。

 

現代で使われるカタカナは48文字しかないので、字形をしっかりと覚えてしまいましょう。ひらがなと同様に、はじめのうちに覚えてしまいましょう。

 

 

カタカナのもとの漢字表

 

カタカナは謎の多い文字です。ひらがなは漢字の草書をさらに簡略化された文字であることがわかっています。しかし、カタカナに関してはどんな経緯で、誰が使い始めたかは、いくつか説があるだけでハッキリわかっていません。

 

カタカナのそれぞれの文字はもとになる漢字があり、各漢字の一部分を引用した事になっています。しかし、これはこじ付け的な感じがぬぐえません。下にもとになる漢字の表を貼りましたが、このほとんどは江戸時代に学者が適当に決めつけたものです。

 

その証拠に「なぜこのカタカナはこの漢字?」と思うものがたくさんあると思います。

 

ア【阿】

イ【伊】

ウ【宇】

エ【江】

オ【於】

カ【加】

キ【幾】

ク【久】

ケ【介】

コ【己】

サ【散】

シ【之】

ス【須】

セ【世】

ソ【曽】

タ【多】

チ【千】

ツ【川】

テ【天】

ト【止】

ナ【奈】

ニ【仁】

ヌ【奴】

ネ【祢】

ノ【乃】

ハ【八】

ヒ【比】

フ【不】

ヘ【部】

ホ【保】

マ【末】

ミ【三】

ム【牟】

メ【女】

モ【毛】

ヤ【也】

 

ユ【由】

 

ヨ【與】

ラ【良】

リ【利】

ル【流】

レ【礼】

ロ【呂】

ワ【和】

ヰ【井】

 

ヱ【恵】

ヲ【乎】

ン【尓】

 

 

 

 

 

個人的な推論ですが、カタカナは漢字伝来以前より日本に存在していたのではないでしょうか。いわゆる神代文字の一種です。

 

そして、カタカナのもとになったのは古代ヘブライ文字です。縄文時代に日本に渡り住んだ中東の人々が使っていたのではないかと思います。

 

そんなミステリアスなカタカナを楽しみながら学んでみてください。

 

⇒ 漢字由来は間違い?カタカナの成り立ちの謎

カタカナ|美文字の書き方記事一覧

『ア』もとの漢字【阿】書き出し1画目はほぼ水平に左右が同じ長さになるように引き、折り曲げは後は中心付近へ向かって払う。2画目は下に向かった後に左へ払う。『イ』もとの漢字【伊】1画目は右上から少し反らせるように払う。2画目は1画目の1/3付近から真っ直ぐ下へ下し、止める。上下の空間が同じくらいになるように。『ウ』もとの漢字【宇】1画目は左右中心から短く下す。2画目も下側に短く、余り角度を付けないのが...

『カ』もとの漢字【加】1画目の横画はほぼ平行、左右均等になるように。折り曲げ後は内側中心手前に向かう。2画目は中心よりやや右側から孤を描きながら左はらい。『キ』もとの漢字【幾】1画目2画目は平行にやや右上がり。2画目の方が少し長くなる。3画目は中心よりやや左から中心よりやや右側に真っ直ぐ引く。それぞれの間隔がに注意。『ク』もとの漢字【久】1画目は中心付近から左に短く払う。2画目の横画はほぼ平行に短...

『サ』もとの漢字【散】1画目やや右上がりに左右同じ長さに。2画目3画目で1画目を3等分するようにする。2画目はまっすぐ短く。3画目は一度真っ直ぐ下してから左に払う。『シ』もとの漢字【之】1画目と2画目の書き出しの位置、角度に注意。平行にならないように注意する。3画目は下から包み込むように右上に払う。『ツ』と明確に区別する。『ス』もとの漢字【須】1画目横画は右上がり、左右同じ長さに、折り曲げ後は孤を...

『タ』もとの漢字【多】1画目は中心付近より左下へ短く引く。2画目横画はほぼ水平に、折れ曲がり後は弧を描きながら左下へ払う。3画目がちょうど中心付近に配置できるように。『チ』もとの漢字【千】1画目の左払いは、少し寝かせ気味にするのがポイント。2画目は気持ち右上がりにし、1画目との間隔と大きめにとってあげる。3画目は緩やかに左下へ払う。『ツ』もとの漢字【川】1画目、3画目は書き出しの高さが同じくらい。...

『ナ』もとの漢字【奈】1画目は、上下中心よりやや上、気持ち右上がりに左右同じ長さに引く。2画目は左右中心よりやや右側から、下に向かい、徐々に左へ払う。『ニ』もとの漢字【仁】1画目は短く、2画目は長く、ほぼ平行に引く。やや右上がりだが、右上がりにしすぎるとバランスを崩す。『ヌ』もとの漢字【奴】1画目はやや右上がりに短く左右同じ長さに引く。折り返し後、緩やかに孤を描きながら左へ払う。2画目は中心付近か...

『ハ』もとの漢字【八】1画目2画目の書き出し、書き終わりが上下揃うのがポイント。1画目は左に払う。2画目は弧を描きとめる。2画の線質は全く異なる。『ヒ』もとの漢字【比】1画目は上下中心からやや上、右から左、左から右、どちらでも良い。2画目は、左右中心よりやや左から書き出し、真下に向かい、右に曲がった後止める。『フ』もとの漢字【不】書き出しからの横画はやや右上がりに、左右均等になるように書く。折れ曲...

『マ』もとの漢字【末】1画目の横画はやや右上がり、折り返し後は、中心よりやや下方向に弧を描くように左はらい。2画目は斜めに点を描くように止める。『ミ』もとの漢字【三】1画目・2画目・3画目共に長さは短め。書き出しは入れる感じ、書き終りは止める。3画が平行にならないように、角度に変化を付ける。『ム』もとの漢字【牟】1画目は左右ほぼ中心から反りながら斜め右下へ、折り返し後の横画はやや右上がりに。2画目...

『ヤ』もとの漢字【也】1画目の横画は上下中心の位置から右上がりに向かう。折れ曲がり後は、中心付近に向けて払う。2画目は左右中心より左側から右下へ向かう。『ユ』もとの漢字【由】1画目の横画は短くほぼ水平に。縦画はやや中心に向かう。2画目は1画目よりも長くし、全体のバランスを取る。『ヨ』もとの漢字【与(與)】1画目・2画目・3画目の書き出しは同じくらいだが、長さが異なる。1画目の縦画はやや中心に向かう...

『ラ』もとの漢字【良】1画目はやや右上がりに短い横画。2画目の横画は1画目と平行になるようにやや右上がり。折れ曲がり後は孤を描き左はらい。『リ』もとの漢字【利】1画目と2画目の書き出しは、ほぼ同じ高さから。1画目は真っ直ぐ上下中心付近まで。2画目は真っ直ぐに下し、中心を超えてから左に払う。『ル』もとの漢字【流】1画目の書き出しは2画目よりも低い。書き出しは真下に向かい、後に左へ払う。2画目は左右中...

※『ヰ』『ヱ』は省略します。『ワ』もとの漢字【和】1画目の縦画は内側に絞るより真っ直ぐに下した方がバランスが取り易い。2画目の横画はやや右上がり、左はらいは緩やかに、中心に緩やかな空間を。『ヲ』もとの漢字【乎】筆順に注意!横・横・縦です。1画目、2画目の横画はほぼ平行、書き出しは合わせないのがポイント。3画目は緩やかに左はらい。『ン』もとの漢字【レ】1画目は上から下へ止める。2画目は下から緩やかに...

トップへ戻る