左右対称の字|美文字の書き方

左右対称の字|美文字の書き方

 

美文字の書き方として、字形を整える為に「左右対称の字」を解説します。左右対象の文字は中心をしっかりと意識する事で美文字になります。

 

中心にシッカリと軸が通り、中心に縦画が来る場合は真っ直ぐ引くようにします。中心から左右対称ではありますが、実際は左右違う顔を持っています。左右の違いを意識するともっと大人らしい文字になります。

 

参考例
美文字の書き方 左右対称の字

 

『東』

『東』美文字の書き方

 

『東』は、中心線を通る縦画が背骨の役目を果たすので、真っ直ぐ引くように心掛けます。左はらいと右はらいの書き出しを、中心から敢えてずらして工夫すると面白いです。

 

『大』

『大』美文字の書き方

 

『大』は、2画目の左はらいが中心から書きだすのが美文字のポイントです。この2画目をまっすぐ下に引き、1画目と較差後に左に向かいます。

 

 

『中』

『中』美文字の書き方

 

『中』は、中心線をまっすぐ引く事が美文字のポイントです。1〜3画目の口を2等分しますが、敢えて均等にしない方が面白くなります。

 

 

『京』

『京』 美文字の書き方

 

『京』は、鍋蓋の点と小の縦画が中心を通るようにするのが美文字のポイントです。

 

 

『買』

『買』美文字の書き方

 

『買』は、「あみがしら」と「貝」が中心に来るように書く事が美文字のポイントです。※買の部首は貝です。あみがしらではありません。

 

トップへ戻る