へん大・つくり小の字|美文字の書き方

へん大・つくり小の字|美文字の書き方

 

美文字の書き方の為の「へん大・つくり小の字」。へんが大きく、つくりを小さくすることで美文字になる漢字の例と書き方を解説します。

 

へんとつくりのバランスで漢字は美文字になります。へんを大きく、つくりを小さく書く事によって美文字になる漢字は、一般的な明朝体や教科書体では決してそのように書かれているとは限りません。明朝体や教科書体と本来の美文字とは一線を画します。だからこそ、殻を打ち破って大人の美文字へ変身させましょう。

 

参考例
美文字の書き方 へん大・つくり小の字

 

 

『和』

『和』美文字の書き方

 

『和』は、禾へんを大きく縦長に、「口」を小さく書く事でバランスがとれ美文字になります。※禾へん3画目を"はねる"か否かは別ページで説明します。

 

『知』

『知』美文字の書き方

 

『知』は、矢へんを大きく、「口」を小さくすることで美文字になります。矢へんは縦長に書きづらいと感じるかもしれません。2・3画目を広くとる事で縦長に成り易くなります。

 

『細』

『細』美文字の書き方

 

『細』は、糸へんを長く、「田」の上下を短くすることで美文字になります。糸と田は横幅は同等です。縦幅のバランスを考えます。

 

『松』

『松』美文字の書き方

 

『松』は、木へんを大きく、「公」を小さく書く事で美文字になります。極端に書く事で、文字にシャープさが生まれます。※木へんの2画目が"はねる"か否かは別ページで説明します。

 

『柏』

『柏』美文字の書き方

 

『柏』は、木へんを大きく、「白」を小さく書く事で美文字になります。木へんは2画目を張り出す事でバランスが良くなり、つくりの部分に余裕が生まれる印象を与えます。

トップへ戻る