ラ行の書き方

らいちょうはさむかろラリルレロ
れんげがさいたらるりのとり

 

カタカナ『ラリルレロ』~美文字の書き方

 

カタカナ『ラリルレロ』の書き方を1文字毎に解説します。カタカナを美文字にするためには筆順や線の方向、払いや止めを正確に書くことです。決して難しい事ではないので、さっそくカタカナ『ラリルレロ』に挑戦してみましょう。

 

カタカナのポイント
  • 画像の数字は筆順です。①②③・・・
  • 筆順と線の方向に注意。
  • 【払い】と【止め】を正確に。
  • 『もとの漢字』は参考程度でOK

 

『ラ』

カタカナ『ラ』~美文字の書き方

 

もとの漢字【良】

①はやや右上がりに短い横画。②の横画は1画目と平行になるようにやや右上がり。折れ曲がり後はゆったり孤を描き左はらい。

 

 

『リ』

カタカナ『リ』~美文字の書き方

 

もとの漢字【利】

①と②の書き出しは、同じ高さから。①は真っ直ぐ左右中央線付近まで。②は真っ直ぐに下し、①の収筆を超えてから左に払う。

 

 

『ル』

カタカナ『ル』~美文字の書き方

 

もとの漢字【流】

①の起筆は②よりも低い。①の収筆は②の折れより高い。②は上下中央線上真下に向かい、折れ曲がり後、大きく右上に跳ね上げる。

 

 

『レ』

カタカナ『レ』~美文字の書き方

 

もとの漢字【礼】

上下中央線よりも左側をまっすぐ下す。折れ曲がり後は、大きく右に跳ね上げる。中心付近に大きな空間を持たせるのがポイント。

 

 

『ロ』

カタカナ『ロ』~美文字の書き方

もとの漢字【呂】

 

①②共に、縦画は内側に絞るが、絞りすぎない。①が若干下に出る。③が若干右に出る。

 

通信講座比較してみました

美文字はセンスではなく、幼少期からの訓練でもなく、努力の賜物でもありません。大人でも書き方を知れば美文字になります。最も効率的なのは人に教えてもらう事。通信講座なら自分のペースで気楽に学べます。

トップへ戻る