ハ行の書き方〜カタカナの美文字

ハ行の書き方

はとぽっぽほろほろハヒフヘホ
ひなたのおへやにゃふえをふく

 

カタカナ『ハヒフヘホ』〜美文字の書き方

 

カタカナ『ハヒフヘホ』の書き方を1文字毎に解説します。カタカナを美文字にするためには筆順や線の方向、払いや止めを正確に書くことです。決して難しい事ではないので、さっそくカタカナ『ハヒフヘホ』に挑戦してみましょう。

 

カタカナのポイント
  • 画像の数字は筆順です。@AB・・・
  • 筆順と線の方向に注意。
  • 【払い】と【止め】を正確に。
  • 『もとの漢字』は参考程度でOK

 

『ハ』

カタカナ『ハ』〜美文字の書き方

 

もとの漢字【八】

@とAの書き出し、書き終わりが上下揃うのがポイント。@は左に払う。Aは弧を描きとめる。@とAの間隔は広めに。

 

 

『ヒ』

カタカナ『ヒ』〜美文字の書き方

 

もとの漢字【比】

@は左右中央線からやや上、線の方向は左から右が標準だが逆でも間違いではない。Aは上下中央線よりやや左から書き出し、真下に向かい、右に曲がった後止める。

 

 

『フ』

カタカナ『フ』〜美文字の書き方

 

もとの漢字【不】

書き出しからの横画はやや右上がり、左右均等になるように書く。折れ曲がりから左下へゆったりと払う。中心に広い空間ができるように。

 

 

『ヘ』

カタカナ『ヘ』〜美文字の書き方

 

もとの漢字【部】

起筆位置と、収筆位置の高さの違いがポイント。折れは上下中心線よりも左側。収筆は止める。

 

『ホ』

カタカナ『ホ』〜美文字の書き方

 

もとの漢字【保】

@はやや右上がり。Aは上下中心線上を真っ直ぐに下すAに対してBとCの空間はほぼ均等。Cの位置で全体のバランスを取る。

通信講座比較してみました

美文字はセンスではなく、幼少期からの訓練でもなく、努力の賜物でもありません。大人でも書き方を知れば美文字になります。最も効率的なのは人に教えてもらう事。通信講座なら自分のペースで気楽に学べます。

page top