漢字の顔は左向きに書くと美文字w

漢字の基本的な書き順は、左上から書き始めて、右下で書き終わります。また、漢字の横画は少し右上がりに書きます。その為に、漢字を基本通りに書くと、文字が左を向いたイメージになります。これは、漢字だけではなく、ひらがな・カタカナにも言える事です。

 

参考例
漢字の顔は左向きに書くと美文字

 

左向きの文字とは、上図の矢印の方向から風が吹いてきても、文字の右下で踏ん張りがきくので、受け止められる字形の事を言っています。

 

 

 

『好』

『好』美文字の書き方

 

『好』のような女へんは、つくりよりも小さめにまとめます。また横画を跳ね上げるくらい右上がりに書く事が特徴で、右側に壁があるイメージとなります。

 

 

『水』

『水』美文字の書き方

 

『水』はバランスがとても大切な文字です。1画目でシッカリ中心をとり、左右のバランスを取っていきます。2画目を右上がりに、最終画をのびのびとはらいます。

 

 

『田』

『田』美文字の書き方

 

『田』は縦画を内側に絞る事で美文字になります。その上で、中の4つのスペースが均等になるようにバランスを取ります。

 

 

『交』

『交』美文字の書き方

 

『交』は2画目を右上がりに書く事と、最終画の右はらいをのびのび書く事でバランスを取っています。左側が密度濃く、右側はゆったりとなります。

 

 

『寺』

『寺』美文字の書き方

 

『寺』は上側の土の部分と、下側の寸のバランスで美文字になります。文字が左を向くように、土の横画のは左側を少し長めにとります。

トップへ戻る