漢字は主画を定めると美文字

漢字を美文字に書く基本は『バランス』や『大きさ』ですが、ここではワンランク上の要素『主画』について解説します。『主画』は美文字を更にきれいに見せる為のテクニックなので、中級者以上のテクニックとお考えください。

 

『主画』とは、主役になる画の事です。漢字を書く際に1画主役を決めてしまうと言う事です。この主役の画を極端に書く事で、美文字はより一層きれいに見えるようになります。

 

バランスの取れた文字が書けたら、次は『主画』を定める事に挑戦してみて下さい。

 

活字の書き方で書くと美文字には程遠く・・・。
活字体の書き方で書くと美文字には程遠く・・・。

 

↓↓↓

 

『主画』を定めると文字は一気に美文字化します。
『主画』を定めると文字は一気に美文字化します。

 

『美』

『美』漢字は主画を定めると美文字

『美』は7画目の横画を主画にします。羊の横画を短めにしすれば、なおさら7画目は目立ちます。最終画は右はらいでもトメてもOKです。

 

 

『書』

『書』漢字は主画を定めると美文字

『書』は2画目の横画を主画にします。書は横画が多いので、長さに変化を付ける事が大切です。長さに変化を付けないとノッペリとしてしまいます。

 

 

『成』

『成』漢字は主画を定めると美文字

『成』は4画目のソリを主画にします。ソリのある文字は、ソリの出来が文字の出来に直結します。ソリに起筆は中央付近から、収筆は極端に右下で。

 

 

『道』

『道』漢字は主画を定めると美文字

『道』は最終画を主画にします。しんにょう(しんにゅう)は最終画を思い切り書くのがポイントです。また、しんにょうは3画という事もシッカリ意識します。

 

 

『姿』

『姿』漢字は主画を定めると美文字

『姿』は最終画を主画にします。女の横画は基本的に主張させるように書きます。女はバランスのとり辛い文字ですが、3画それぞれの画の角度等を覚えてしまえば簡単になります。

トップへ戻る