文科省後援の硬筆書写検定1級と毛筆書写検定1級が揃ったので美文字講師を始めることにしました。理由は『やりたかったから』です。当サイトを見てもらえればわかる通り感性に頼るのではなく、理論的に指導していきます。

 

誰でも上達させる!美文字講師始めました

 

書写検定と美文字講師

 

美文字講師をやるためには特に資格はいりません。自分でできると思ったら、やってしまえばいいのです。

 

しかし、自分的にはいい加減な事を教えたくないと思い、書写検定1級を取得してから始めようと考えていました。

 

書写検定とは『文部科学省後援 硬筆書写技能検定・毛筆書写技能検定』の事です。書道の世界では唯一の公的資格扱いとなり、最高位は1級となります。※英検1級などと同じ

 

試験内容は高度な技術の習得はもちろん、楷書・行書・草書・隷書・かなの読み書きが必要です。また、書道史や漢字の知識も必要になります。

 

最高位1級に合格すると『指導者証』を発行していただけます。

 

そんな書写検定1級を硬筆・毛筆共に取得することができたので、美文字講師の活動をスタートさせることにしました。

 

誰でも上達させる!美文字講師始めました

 

美文字講師を始める理由

 

なぜ、美文字講師をやるかというと『やりたかったから』です。この思いは数年前からなのですが、筆耕の仕事を始めた頃は思っていませんでした。

 

筆耕の仕事を始めたとき、『結婚式の招待状の宛名書き』の仕事が多かったのですが、この時に多くの人が悩んでいることに気が付きます。

 

それが汚文字です。

 

ご依頼主は、自分で宛名が書ければ書きたいと思っている人がほとんどでした。しかし、文字に自信が無いので依頼してくるのです。

 

しかも、美文字以前の問題で汚文字に悩んでいる人が多かったのです。

 

例えば、宛名のリストを手書きで送ってくると、「これはなんて書いてあるんだ・・・?」という文字が非常に多くありました。

 

あ〜もどかしい!

 

汚文字の人の文字を見ていると「ここをこうすれば上達するのに!」そんなもどかしい気持ちが膨らんでいきました。

 

このサイトを作った理由でもありますが、指導したい!という気持ち強くなったのです。

 

汚文字の人の多くは「小さな時から習字教室に通っていなと美文字は無理!」と思っています。これは絶対にないです。

 

汚文字は誰でも解消できますし、美文字は誰にでも手に入れることができます。それは、子供よりも大人の方が早いのです。

 

理由は簡単で、文字はルールとコツだけで美文字になるからです。理論を理解するということは、子供よりも大人の方が早いので、上達も大人の方が早いのです。※天才少年は別として。

 

そんな妄想を膨らませていると、美文字講師になりたい気持ちも膨らんできました。

 

誰でも上達させる!美文字講師始めました

 

当サイトと同じように

 

美文字をどうやって教えるかというと、このサイト『美文字の書き方』と同じように教えていきます。全部習得するにはそれなりの時間がかかるでしょう。

 

でも、汚文字の人が普通の文字になるためには3つのポイント抑えるだけで十分なのです。このことを伝えていきたいと思います。

 

今後、自分でもセミナーを主催することも考えていますが、まずは講師としてご依頼を受け付けるページを作りました。

 

このページは、筆耕の仕事用のサイト『筆耕コム』内に作っています。企業や団体向けですが、いずれは個人用も考えていますので、良かったらチェックしてみてください。

 

トップへ戻る