筆ペンの書き方とコツ

MENU

筆ペンの書き方とコツ

熨斗袋や年賀状などで重宝する筆文字ですが、一般には毛筆よりも筆ペンが主流となっています。お手軽な筆ペンでも、毛筆と遜色がない文字を書く事も可能です。そんな筆ペンの上手な使い方、書き方のコツをご紹介します。

 

筆ペンで宛名書き 見本 筆ペンで宛名書き コツ 筆ペンで宛名書き お手本
筆ペン賞状の見本 筆ペンで九成宮醴泉銘を臨書 筆ペンで集字聖教序

筆ペンの書き方とコツ記事一覧

結婚式の招待状の宛名書き、年賀状、ご祝儀袋、不祝儀袋、熨斗紙など、不意に筆文字が必要な際に、持っていると重宝する筆ペンをご紹介します。いろいろな筆ペン今、筆ペンはたくさんの種類が販売されています。メーカーも様々、お値段も様々、書道家プロデュースもあります。これまで、興味本位で色々な筆ペンを試してきましたが、結局のところ落ち着いた3本をご紹介します。今回ご紹介する3本は、『簡易毛筆』という視点で、あ...

筆ペンの持ち方と書き方をご紹介します。筆ペンを簡易毛筆として、毛筆の代用として筆文字を書く事を想定した場合の方法です。あくまで筆文字を筆ペンで書く場合の持ち方と使い方なので、筆ペンで絵を描いたり、アート文字などを書く場合とは別だと考えてください。筆ペンの持ち方筆ペンの持ち方は書道で言うところの単鉤法&提腕法がオススメです。簡単に言うと、基本は鉛筆と同じく親指・人差し指・中指で持ちますが、クイッっと...

筆ペンはお手軽に筆文字が書ける優れものです。一家に1本あると、とても重宝します。そんな筆ペンが最も活躍するのは宛名書きかと思います。毎年書く年賀状や暑中見舞い。結婚式をはじめとする招待状の宛名書き。宛名が筆文字で書かれていると、受け取った方も大いに喜んで頂けるでしょう。そこで、筆ペンで宛名書きを書く場合の簡単な書き方とコツをご紹介します。郵便番号郵便番号は筆ペンで書ければ良いですが、アラビア数字は...

毛筆の代用の筆ペンは、行書を書く事も可能です。そこで、筆ペンで行書の宛名書きを書いてみました。参考にしていただければと思います。筆ペンはぺんてるの中字。封筒はケント紙の洋型1号です。書き味は決して悪くはありません。1枚目は会社名と役職名が入った封筒です。小さな文字は毛先を上手に使って書きます。筆を立てて書くのがポイントです。あっ、宛名書きで大切なポイントです。宛名書きは左の行から書くと汚れ防止にな...

穂先が『毛』の筆ペンは、毛筆にかなり近い雰囲気を出す事ができます。一般では、毛筆の代用として筆ペンでほとんど事足りるでしょう。熨斗や宛名、年賀状や芳名帳、色々なシーンで筆ペンは大活躍すると思います。僕は普段、毛筆で賞状を書く仕事をしていますが、賞状は筆ペンで代用できるのかを実験してみました。筆ペンは『ぺんてるの筆ペン中字』賞状用紙は【A3縦書き】練習用の用紙以前、賞状の練習用に使った下書きを使用、...

筆ペンで古典を臨書する事はできるのか?試してみました。ごく一般的な『ぺんてるの筆ペン中字』は400円以下でコンビニでも売っています。それでも穂先が『毛』なので、毛筆に近い書き味を出す事ができます。臨書とは、書道の世界で使われる言葉で、お手本を見ながら文字を書く事です。古典の臨書と言うと、昔の偉大な能筆家の文字をお手本にして文字を書く事で、その技術を習得する事を目的としてます。今回臨書した古典は『九...

筆ペンで古典を臨書する事はできるのか?九成宮醴泉銘に引き続き、行書の極則と言える『王羲之の集字聖教序』を書いてみました。筆ペンは書き慣れるまで難しく感じますが、慣れてくるといろいろと遊べます♪今回臨書した『集字聖教序』は集王聖教序とも言われます。書道の世界では神様的な存在である書聖『王羲之』の作品です。王羲之の作品と言っても王羲之の真蹟はこの世に残っていなくて、我々が目にできるのは臨書された書や、...

筆ペンで書くシーンと言えば、のしぶくろと並んで年賀状が挙げられますよね。筆ペンで書かれたカッコいい年賀状を送ったら、一目置かれる事間違いなし!ここでは、年賀状の作例を並べてみます。今回使った筆ペンは、『ぺんてる筆ペン中字』です。コンビニでも販売している一般的な筆ペンです。ぺんてるの筆ペンは穂先が利くので、細い字や小さな文字を書く時に最適です。慣れないうちは、細い文字や小さな文字等を難しく感じるでし...