脱・汚文字!美しい文字を手に入れる第一歩

MENU

脱・汚文字!筆順を意識する

汚文字の人の多くは、正しい筆順を認識していないように見うけられます。筆順は文字の成り立ちや字形を整えるために考えられています。汚文字を脱出する為に、何故筆順が大切かを考えます。

 

右と左の筆順

 

右の筆順
左の筆順

 

間違えやすい筆順の代表例ともいえるのが、右と左ですよね。右と左は文字の成り立ちが原因で筆順が異なります。

 

有と希の筆順

 

有の筆順
希の筆順

 

有と希も筆順を間違えやすい漢字です。理由は右と同じで、左はらいが先です。

 

必の筆順

 

必の筆順

 

必は、筆順を間違える人が多い漢字です。多いのが「心」を書いてから、左はらいを書くパターンです。「必」と「心」は全く関係がありませんので。ちなみに「必」にはもう一つ筆順があります。
参照:漢字は正しい書き順で美文字

 

馬の筆順

 

馬の筆順

 

馬も筆順を間違えやすい漢字です。特に1画目ですが、縦画からです。馬も2種類の筆順がありますが、どちらにしても1画目は縦画です。

 

田の筆順

 

田の筆順

 

意外なところでは、「田」も書き順を間違える人がいます。それは、3画目・4画目の縦・横を逆にするパターンです。行書にすると、書き順がハッキリしますね。※ところが、現在の中国では、横・縦の順です。何故だろう…?

 

やの筆順

 

やの筆順
也の筆順

 

ひらがなでも、書き順を間違えてしまう事があります。例えば「や」ですが、素の漢字「也」を知っていると、間違えないと思います。

 

もの筆順

 

もの筆順
モの筆順
毛の筆順

 

最も筆順を間違い易いひらがなは「も」です。なぜなら、素の漢字が「毛」で同じなのに、カタカナの「モ」と書き順が逆だからです。確かに混乱するかもしれませんね。しかし、これも理屈を知っていると納得できます。「モ」は楷書の「毛」から成り立っていて、筆順も同じです。「も」は草書の「毛」から成り立っていて、筆順も同じなんです。

 

 

文部省の定めている筆順は、文字が美しく整うために深く考えられています。いきなり、自分の書く文字を全て確認する事は不可能ですが、まずは、自分の名前や住所などの身近な文字、そしてひらがなの筆順を確認してみてください。

関連ページ

脱・汚文字!名前の綺麗な書き方
美しい文字を手に入れる為に、まずは自分の名前を美文字化する事から始めてみましょう。自分の名前を書く機会は多々あります。自分の名前は最もたくさん書く文字ではないでしょうか?
脱・汚文字!カタカナ
美しい文字を手に入れる前に、あなたのカタカナはどこが癖字になっているかを理解し、まずは汚文字を解消しましょう。
脱・汚文字!最速で字が上手くなる方法
汚文字で悩む方の為に、最速で字が上手くなる方法をご紹介します。そんなにうまい話があるのか?と思うかもしれませんが、本当に簡単に今すぐに上手くなる方法があるのです。
脱・汚文字!習字が苦手で憂鬱だった?
汚文字に悩む人は、小学校の時の習字の授業が憂鬱ではありませんでしたか?あまり良い思い出では無かった人は気持ちを引きずっているようです。
脱・汚文字!字形を整える方法
汚文字で悩んでいる方は、字形が間違っている事が多々あります。正しい字形とは何か?字形を整える方法とは何か?難しく考えずに、シンプルな方法をご紹介します。