脱・汚文字!美しい文字を手に入れる第一歩

MENU

脱・汚文字!字形を整える方法

汚文字で悩んでいる方は、字形が間違っている事が多々あります。正しい字形とは何か?字形を整える方法とは何か?難しく考えずに、シンプルな方法をご紹介します。

 

美文字を書こうとすると、ついつい気合いが入りすぎて、返って文字のバランスが悪くなることがあります。肩の力を抜いて、文字の正しい字形を忠実に書く事が大切です。ここで、いくつかの例をご紹介します。

 

『具』の書き方と字形

 

『具』の書き方と字形

 

具は目、横棒、八で構成されています。横棒が長いのがポイントです。真ん中のように短いと変ですし、右のように目が横開きでも変ですね。

 

『春』の書き方と字形

 

『春』の書き方と字形

 

春は3画目が長くなります。真ん中は1画目が最も長い場合、右は日を横開きにした場合、どちらもバランスが変ですね。

 

『志』の書き方と字形

 

『志』の書き方と字形

 

志は士と心で構成されています。上下に同じような大きさで書きます。真ん中は士の横棒を逆転した場合、右は心の最終画を跳ねの内側に入れてしまった場合、やはりバランスが変です。

 

『土』の書き方と字形

 

『土』の書き方と字形

 

基本的な文字の土ですが、横画は下が長くなります。真ん中だと文字として判別できません。右は別の文字に変化しています。

 

『左』の書き方と字形

 

『左』の書き方と字形

 

左は1画目が短く、2画目は長く左はらいです。真ん中はエの横画が逆ですね。右は文字の右のように横画が長くなっています。もう、左には見えません。

 

『当』の書き方と字形

 

『当』の書き方と字形

 

当は横画が同じ長さか、微妙に長さが変化する程度です。真ん中のように極端な長短はバランスを崩します。右は1〜3画目の筆順が違いますね。見た事のない文字になってしまいました。

 

『未』の書き方と字形

 

『未』の書き方と字形

 

未は2画目が長くなります。右のように2画目を短くすると末ですよね。真ん中のように優柔不断にならないようにしましょう。

 

誤字!!

 

字形を正しく書かないと、誤字と取られかねません。無理に美文字を書こうとするのではなくて、まずは自分の書く文字が正しい字形なのかを見直してみてください。

 

 

関連ページ

脱・汚文字!名前の綺麗な書き方
美しい文字を手に入れる為に、まずは自分の名前を美文字化する事から始めてみましょう。自分の名前を書く機会は多々あります。自分の名前は最もたくさん書く文字ではないでしょうか?
脱・汚文字!カタカナ
美しい文字を手に入れる前に、あなたのカタカナはどこが癖字になっているかを理解し、まずは汚文字を解消しましょう。
脱・汚文字!最速で字が上手くなる方法
汚文字で悩む方の為に、最速で字が上手くなる方法をご紹介します。そんなにうまい話があるのか?と思うかもしれませんが、本当に簡単に今すぐに上手くなる方法があるのです。
脱・汚文字!習字が苦手で憂鬱だった?
汚文字に悩む人は、小学校の時の習字の授業が憂鬱ではありませんでしたか?あまり良い思い出では無かった人は気持ちを引きずっているようです。
脱・汚文字!筆順を意識する
汚文字の人の多くは、正しい筆順を認識していないように見うけられます。筆順は文字の成り立ちや字形を整えるために考えられています。汚文字を脱出する為に、何故筆順が大切かを考えます。