へん小・つくり大の字|美文字の書き方

MENU

へん小・つくり大の字|美文字の書き方

へん小・つくり大の字|美文字の書き方

 

美文字の書き方の為の「へん小・つくり大の字」。へんが小さく、つくりが大きいく書くと美文字になる漢字の例と解説です。

 

"へん"と"つくり"の関係は文字によって様々です。それぞれの画数や形によって、大きさに変化を与えるとバランスが取れます。

 

ここでは、へんを小さく、つくりを大きく書く事でバランスの取れた美文字になる漢字を紹介します。

 

参考例
美文字の書き方 へん小・つくり大の字

 

『味』

『味』美文字の書き方

 

『味』は、口へんを小さく、つくりの「未」を大きく書く事でバランスがとれます。また、口へんは中心より少し上に配置すると美文字になります。

 

 

『鳴』

『鳴』美文字の書き方

 

『鳴』は、他の"口へん"の文字と同様に、口を小さめ、中心より少し上に配置します。また、「鳥」の点は少し強調する事で美文字になります。

 

 

『晴』

『晴』美文字の書き方

 

『晴』は、"日へん"を小さめに、ほぼ中心に配置します。4画目を跳ね上げる事で、少し上にあるような印象になりバランスが採れます。「青」はそれ単独のよりもスマートに書く事で美文字になります。

 

 

『場』

『場』美文字の書き方

 

『場』は、"土へん"を小さ目、中心より少し上、3画目をしっかりと跳ね上げます。つくりの部分を大きめに、最終画の左はらいをのびのびと書く事で美文字になります。

 

 

『現』

『現』美文字の書き方

 

『現』は、"王へん"を小さ目、中心より少し上、右上がりに書く事でバランスが取れます。また、「見」のはらいをのびのびと書く事で美文字になります。

 

 

関連ページ

左右対称の字
美文字の書き方として、字形を整える為に「左右対称の字」を解説します。左右対象の文字は中心をしっかりと意識する事で美文字になります。
横画の余白を揃える字
美文字の書き方として、字形を整える為に「横画の余白を揃える字」を解説します。
縦画の余白を揃える字
美文字の書き方として、字形を整える為に「縦画の余白を揃える字」を解説します。漢字の縦画に区切ったスペースは均等にすることによって美文字になります。
斜画の余白を揃える字
美文字を書くために、「斜画の余白を揃える字」を解説。斜画が並ぶ漢字は余白をそろえる事で美文字になります。
へん大・つくり小の字
美文字の書き方の為の「へん大・つくり小の字」。へんが大きく、つくりを小さくすることで美文字になる漢字の例と書き方を解説します。
へん・つくりが同等の字
美文字の書き方としての「へん・つくりが同等の字」。へんとつくりの大きさが同等にすることで美文字になる漢字の例と解説です。
へんよりつくりを下げる字
美文字の書き方としての「へんよりつくりを下げる字」。へんに対して、つくりをいくぶん下げるよとによって美文字になる漢字の例と説明です。
左小・右大の字
美文字の書き方「左小・右大の字」。左側を小さく、右側を大きく書く事で美文字になる漢字を例を挙げて説明します。
左大・右小の字
美文字の書き方の為の「左大・右小の字」。左側が小さく、右側を大きくすることで、美文字になる漢字の例を挙げて解説します。
上・下が同等の字
美文字の書き方の為の『上・下が同等の字』。上の部分と下の部分がだいたい同等にすることで美文字になる漢字の例、書き方を解説します。
上小・下大の字
美文字の書き方としての「上小・下大の字」。上側部分が大きく、下側部分を小さく書く事で美文字になる漢字の例と書き方を解説します。
上大・下小の字
美文字の書き方としての「上大・下小の字」。上側部分が大きく、下側部分を小さく書く事で美文字になる漢字の例と書き方を解説します。
縦割3部の字
美文字の書き方としての「縦割3部の字」。3分割の縦割に書く事で美文字になる漢字の例と書き方を解説します。
横割3部の字
美文字の書き方としての「横割3部の字」。3分割の横割に書く事で美文字になる漢字の例と書き方を解説します。