上・下が同等の字|美文字の書き方

MENU

上・下が同等の字|美文字の書き方

上・下が同等の字|美文字の書き方

 

美文字の書き方の為の『上・下が同等の字』。上の部分と下の部分がだいたい同等にすることで美文字になる漢字の例、書き方を解説します。

 

上下が同等になる事で美文字になる漢字は、難しいと感じる事もあります。実はパーツの大きさを変えることの方がバランスが取り易いのです。

 

そんな、上下のパーツが同等の大きさになる文字の参考例と解説です。

 

参考例
美文字の書き方 上・下が同等の字

 

 

『男』

『男』美文字の書き方

 

『男』は、「田」と「力」をほぼ同等の大きさにすることで美文字になります。また、「田」と「力」の間隔が「田」内の余白と同じにすることでバランスが取れます。

 

『雲』

『雲』美文字の書き方

 

『雲』は、「雨」と「云」の大きさを同等にすることで美文字になります。「雨」と「云」それぞれ横広になりますが、横幅に変化を加えても面白いでしょう。

 

『賛』

『賛』美文字の書き方

 

『賛』は、上部と「貝」を同等に書く事で美文字になります。厳密に言えば、上部は横広、「貝」は縦長でバランスが取れます。

 

『翌』

『翌』美文字の書き方

 

『翌』は、「羽」と「立」を同等にすることで美文字になります。「羽」が大きすぎず、「立」を小さすぎないように書くのがポイントです。

 

『告』

『告』美文字の書き方

 

『告』は、上部と「口」を同等にすることで美文字になります。また、口は気持ち小さめに書き、中心線も意識する事でバランスが取れます。

関連ページ

左右対称の字
美文字の書き方として、字形を整える為に「左右対称の字」を解説します。左右対象の文字は中心をしっかりと意識する事で美文字になります。
横画の余白を揃える字
美文字の書き方として、字形を整える為に「横画の余白を揃える字」を解説します。
縦画の余白を揃える字
美文字の書き方として、字形を整える為に「縦画の余白を揃える字」を解説します。漢字の縦画に区切ったスペースは均等にすることによって美文字になります。
斜画の余白を揃える字
美文字を書くために、「斜画の余白を揃える字」を解説。斜画が並ぶ漢字は余白をそろえる事で美文字になります。
へん小・つくり大の字
美文字の書き方の為の「へん小・つくり大の字」。へんが小さく、つくりが大きいく書くと美文字になる漢字の例と解説です。
へん大・つくり小の字
美文字の書き方の為の「へん大・つくり小の字」。へんが大きく、つくりを小さくすることで美文字になる漢字の例と書き方を解説します。
へん・つくりが同等の字
美文字の書き方としての「へん・つくりが同等の字」。へんとつくりの大きさが同等にすることで美文字になる漢字の例と解説です。
へんよりつくりを下げる字
美文字の書き方としての「へんよりつくりを下げる字」。へんに対して、つくりをいくぶん下げるよとによって美文字になる漢字の例と説明です。
左小・右大の字
美文字の書き方「左小・右大の字」。左側を小さく、右側を大きく書く事で美文字になる漢字を例を挙げて説明します。
左大・右小の字
美文字の書き方の為の「左大・右小の字」。左側が小さく、右側を大きくすることで、美文字になる漢字の例を挙げて解説します。
上小・下大の字
美文字の書き方としての「上小・下大の字」。上側部分が大きく、下側部分を小さく書く事で美文字になる漢字の例と書き方を解説します。
上大・下小の字
美文字の書き方としての「上大・下小の字」。上側部分が大きく、下側部分を小さく書く事で美文字になる漢字の例と書き方を解説します。
縦割3部の字
美文字の書き方としての「縦割3部の字」。3分割の縦割に書く事で美文字になる漢字の例と書き方を解説します。
横割3部の字
美文字の書き方としての「横割3部の字」。3分割の横割に書く事で美文字になる漢字の例と書き方を解説します。