美文字のバランス・字形の整え方

MENU

美文字のバランス・字形の整え方

美文字を書くためには字形の整え方を知ることが大切です。漢字によって、"へん"と"つくり"のバランスのとり方、上・下、左・右のバランスのとり方が異なります。

 

しかし、難しく考える必要はありません。漢字のバランスの取り方は、何パターンかに分類されます。このパターンを覚えてしまえば、あなたの漢字は美文字化していきます。

 

美文字のバランス・字形の整え方記事一覧

美文字の書き方として、字形を整える為に「左右対称の字」を解説します。左右対象の文字は中心をしっかりと意識する事で美文字になります。中心にシッカリと軸が通り、中心に縦画が来る場合は真っ直ぐ引くようにします。中心から左右対称ではありますが、実際は左右違う顔を持っています。左右の違いを意識するともっと大人らしい文字になります。参考例『東』『東』は、中心線を通る縦画が背骨の役目を果たすので、真っ直ぐ引くよ...

美文字の書き方として、字形を整える為に「横画の余白を揃える字」を解説します。比較的漢字全般に共通する事ですが、余白を揃えると美文字になります。横画が複数並ぶ場合、余白が整然と揃っていると全体的にキチンとした印象になり、美文字になります。これは美文字の要素の中でも重要で、漢字を書く際に、意識して書くだけでも違いがでます。参考例『青』『青』は、上側、下側のパーツがハッキリしていますが、上下のパーツを通...

美文字の書き方として、字形を整える為に「縦画の余白を揃える字」を解説します。漢字の縦画に区切ったスペースは均等にすることによって美文字になります。縦画の余白のバランスが取れていると、それだけで文字の印象が変わります。それは、線質や線の長さよりも顕著です。文字全体のバランスにも大きな影響を与えるでしょう。参考例『山』『山』は、3つの山が並んでいる姿からできてます。真ん中の大きな山に両脇の山が均等に並...

美文字を書くために、「斜画の余白を揃える字」を解説。斜画が並ぶ漢字は余白をそろえる事で美文字になります。斜画が並ぶ場合、多くはその角度が異なります。特に放射状に払う場合が多いのですが、その際も斜画の始筆部分は余白を揃えて書きます。参考例『多』『多』は、4本の斜画が並びますが、斜画同士の余白をそろえる事で、美文字になります。斜画は並行ではなく、1画目を横に向け、最終画は下に向けていきます。『移』『移...

美文字の書き方の為の「へん小・つくり大の字」。へんが小さく、つくりが大きいく書くと美文字になる漢字の例と解説です。"へん"と"つくり"の関係は文字によって様々です。それぞれの画数や形によって、大きさに変化を与えるとバランスが取れます。ここでは、へんを小さく、つくりを大きく書く事でバランスの取れた美文字になる漢字を紹介します。参考例『味』『味』は、口へんを小さく、つくりの「未」を大きく書く事でバラン...

美文字の書き方の為の「へん大・つくり小の字」。へんが大きく、つくりを小さくすることで美文字になる漢字の例と書き方を解説します。へんとつくりのバランスで漢字は美文字になります。へんを大きく、つくりを小さく書く事によって美文字になる漢字は、一般的な明朝体や教科書体では決してそのように書かれているとは限りません。明朝体や教科書体と本来の美文字とは一線を画します。だからこそ、殻を打ち破って大人の美文字へ変...

美文字の書き方としての「へん・つくりが同等の字」。へんとつくりの大きさが同等にすることで美文字になる漢字の例と解説です。へんとつくりを同等にすることで美文字になる漢字は、へんとつくりの大きさを変える漢字よりも書きづらいかもしれません。どのように書けばバランスがとれ、美文字になるのかを紹介していきます。参考例『期』『期』は、「其」と「月」を同等の大きさにすることで美文字になります。「其」と「月」共に...

美文字の書き方としての「へんよりつくりを下げる字」。へんに対して、つくりをいくぶん下げるよとによって美文字になる漢字の例と説明です。へんとつくりの大きさを変えたり、へんとつくりの角度や高さを自在に変える事ができると、自分の想像で美文字を作り上げる事ができます。「へんよりつくりを下げる字」をマスターする事は、美文字の上級者への第一歩と言う事になります。それでは、参考例を解説していきます。参考例『即』...

美文字の書き方「左小・右大の字」。左側を小さく、右側を大きく書く事で美文字になる漢字を例を挙げて説明します。2つのパーツに分かれる漢字は、それぞれの大きさを工夫することで美文字になります。左側が小さく、右側が大きな字は、大きさの割合が【1:2】程度です。参考例を挙げて紹介します。参考例『体』『体』は、にんべんを左側の1/3に置く事で美文字になります。にんべんは1画目を大きめに書くと意識する事でバラ...

美文字の書き方の為の「左大・右小の字」。左側が小さく、右側を大きくすることで、美文字になる漢字の例を挙げて解説します。右側を小さく書く漢字は決して多くはありません。小さく書く目安は1/3に収まる程度です。ここでは"りっとう"の文字を参考例にとって紹介します。参考例『割』『割』は、りっとうを右側1/3に置く事で美文字になります。「害」は少し右上がりに書き、横画を均等にすることでバランスが取れます。『...

美文字の書き方の為の『上・下が同等の字』。上の部分と下の部分がだいたい同等にすることで美文字になる漢字の例、書き方を解説します。上下が同等になる事で美文字になる漢字は、難しいと感じる事もあります。実はパーツの大きさを変えることの方がバランスが取り易いのです。そんな、上下のパーツが同等の大きさになる文字の参考例と解説です。参考例『男』『男』は、「田」と「力」をほぼ同等の大きさにすることで美文字になり...

美文字の書き方としての「上小・下大の字」。上側部分が小さく、下側部分を大きく書く事で美文字になる漢字の例と書き方を解説します。かんむりなどは、下部に比べて画数が少ないために、上部を小さくすることで美文字になりますが、中には例外もあります。参考例『荷』『荷』は、くさかんむりを上部1/3程度の大きさにすることで美文字になります。また、くさかんむりでも1画目を長めにとるパターンです。『炭』『炭』は、「山...

美文字の書き方としての「上大・下小の字」。上側部分が大きく、下側部分を小さく書く事で美文字になる漢字の例と書き方を解説します。参考例『黒』『黒』は、れっか(れんが)を下1/4程度に収めます。しかし、横には広くとり、里よりも外側にはみ出ます。『然』『然』は、れっかを下1/4程度に収め、横には広くとります。上のパーツはスペースが無い方が綺麗に見えます。『悲』『悲』は、心を小さく書く事で美文字になります...

美文字の書き方としての「縦割3部の字」。3分割の縦割に書く事で美文字になる漢字の例と書き方を解説します。参考例『御』熨斗の表題等で、多く使われる『御』ですが、3つのパーツを意識すると文字全体のバランスを取りやすくなります。1・2画目の角度を変えるとカッコいいです。『働』人が動くと書いて『働』は日本でできた漢字です。にんべんは薄く、重と力は等分を意識しますが、力は少し下に配置すると、どっしりしたイメ...

美文字の書き方としての「横割3部の字」。3分割の横割に書く事で美文字になる漢字の例と書き方を解説します。参考例『草』縦並びでバランスが取り辛いのが『草』です。バランスを取る為に縦に整然と並ばないといけません。日は比較的横広に書き、十は横画を長めにとる事で、バランスがとり易くなります。『章』草と形が似ていても、全く書き方が異なるのが『章』です。立の3・4画は角度を変えます。5画目は極端に長くして主画...