漢字の顔は左向きに書くと美文字

MENU

漢字の顔は左向きに書くと美文字w

漢字の基本的な書き順は、左上から書き始めて、右下で書き終わります。また、漢字の横画は少し右上がりに書きます。その為に、漢字を基本通りに書くと、文字が左を向いたイメージになります。これは、漢字だけではなく、ひらがな・カタカナにも言える事です。

 

参考例
漢字の顔は左向きに書くと美文字

 

左向きの文字とは、上図の矢印の方向から風が吹いてきても、文字の右下で踏ん張りがきくので、受け止められる字形の事を言っています。

 

 

 

『好』

『好』美文字の書き方

 

『好』のような女へんは、つくりよりも小さめにまとめます。また横画を跳ね上げるくらい右上がりに書く事が特徴で、右側に壁があるイメージとなります。

 

 

『水』

『水』美文字の書き方

 

『水』はバランスがとても大切な文字です。1画目でシッカリ中心をとり、左右のバランスを取っていきます。2画目を右上がりに、最終画をのびのびとはらいます。

 

 

『田』

『田』美文字の書き方

 

『田』は縦画を内側に絞る事で美文字になります。その上で、中の4つのスペースが均等になるようにバランスを取ります。

 

 

『交』

『交』美文字の書き方

 

『交』は2画目を右上がりに書く事と、最終画の右はらいをのびのび書く事でバランスを取っています。左側が密度濃く、右側はゆったりとなります。

 

 

『寺』

『寺』美文字の書き方

 

『寺』は上側の土の部分と、下側の寸のバランスで美文字になります。文字が左を向くように、土の横画のは左側を少し長めにとります。

関連ページ

美文字の書き方の前に…。
美文字を書くためには基本的なルールとコツがあります。しかし、あまりルールとコツに縛りすぎるのも考え物です。美文字の書き方の前に注意すべき点を解説します。
漢字は右上がりに書くと美文字
漢字を美しく書くためには、全体に右上がりに書くのがコツです。右上がりに書く事によって、文字に躍動感が生まれ、シャープに見える効果があります。
漢字の横画は角度を変えると美文字
横画に限った事ではありませんが、漢字は並んだ線の角度を変える事で美文字になります。
漢字は正しい書き順で美文字
美文字を書くための基本は、正しい書き順で書く事です。書き順は文字の成り立ちからの流れで出来上がっています。つまり、漢字の書き順はそれぞれ理にかなっていて、それぞれに意味があるのです。
漢字は主画を定めると美文字
漢字を美文字に書く基本は『バランス』や『大きさ』ですが、ここではワンランク上の要素『主画』について解説します。『主画』は美文字を更にきれいに見せる為のテクニックなので、中級者以上のテクニックとお考えください。