美文字を書く基本ルールとコツ

MENU

美文字を書く基本ルールとコツ

美文字を書く事は決して難しい事ではありません。字形を整えるためには、基本的なルールとコツ、そして多くの文字に通じる法則があります。これら法則を知るだけで、あなたの文字は劇的に変わる可能性がります。それでは、美文字の為の基本的なルールとコツをご紹介します。

美文字を書く基本ルールとコツ記事一覧

美文字を書くためにはいくつかのルールとコツがあります。これらのルールやコツを知っておくだけで、あなたの文字は一気に美文字へシフトしていくでしょう。当サイトでは、美文字になる為のルールとコツを順を追って解説していきます。美文字を書くにあたってのルールとコツですが、まずはこれらの解説をする前に、注意しなくてはいけない点を説明します。日本語と日本文字のすごさ日本語は、漢字・ひらがな・カタカナから成り立っ...

漢字を美しく書くためには、全体に右上がりに書くのがコツです。右上がりに書く事によって、文字に躍動感が生まれ、シャープに見える効果があります。これは、楷書が確立されたと言われる、中華唐代からの書き方の流れです。あまり極端に右上がりに書くと字形が崩れてしまいますが、やや右上がり程度と意識して書いてみてください。参考例『大』『大』は、1画目を右上がりに書いてあげます。そうする事によって、2画目の左はらい...

横画に限った事ではありませんが、漢字は並んだ線の角度を変える事で美文字になります。すべての漢字に当てはまる訳ではありませんが、特に画数の少ない文字はハッキリと効果が表れます。参考例『二』2画から成り立つ『二』は、1画目と2画目の角度で印象が大きく変わってきます。1画目は上に向かい、2画目は下側に反る感じで美文字になります。『三』『三』は、3本の横画が全く違う性質をもちます。1画目は右上がり、2画目...

漢字の基本的な書き順は、左上から書き始めて、右下で書き終わります。また、漢字の横画は少し右上がりに書きます。その為に、漢字を基本通りに書くと、文字が左を向いたイメージになります。これは、漢字だけではなく、ひらがな・カタカナにも言える事です。参考例左向きの文字とは、上図の矢印の方向から風が吹いてきても、文字の右下で踏ん張りがきくので、受け止められる字形の事を言っています。『好』『好』のような女へんは...

美文字を書くための基本は、正しい書き順(筆順)で書く事です。書き順は文字の成り立ちからの流れで出来上がっています。つまり、漢字の書き順はそれぞれ理にかなっていて、それぞれに意味があるのです。漢字の成り立ちの大まかな流れは、「象形文字⇒篆書⇒隷書⇒(行書)⇒楷書」です。つまり、われわれが普段使っている楷書は文字の最終進化した姿なのです。楷書の書き順はこの流れから来ています。漢字の正しい意味を伝える為...

漢字を美文字に書く基本は『バランス』や『大きさ』ですが、ここではワンランク上の要素『主画』について解説します。『主画』は美文字を更にきれいに見せる為のテクニックなので、中級者以上のテクニックとお考えください。『主画』とは、主役になる画の事です。漢字を書く際に1画主役を決めてしまうと言う事です。この主役の画を極端に書く事で、美文字はより一層きれいに見えるようになります。バランスの取れた文字が書けたら...